📝 BLOG.IK.AM

@making's memo
(🗃 Categories 🏷 Tags)

kumofsインストール

🗃 {Middleware/NoSQL/kumofs}

🗓 Updated at 2010-01-22T20:56:32+09:00 by Toshiaki Maki  🗓 Created at 2010-01-22T20:41:49+09:00 by Toshiaki Maki  {✒️️ Edit  ⏰ History}


💣 Danger: This content is obsolete. You should avoid reading. If you really want to read, please click .

インストール環境

Fedora12 64bit


Tokyo Cabinetインストール


yumでインストールでけた



$ sudo yum -y install tokyocabinet tokyocabinet-devel

Message Packインストール


ソースから



$ wget "http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=osdn&f=%2Fmsgpack%2F45536%2Fmsgpack-0.4.1.tar.gz"
$ tar xzvf msgpack-0.4.1.tar.gz
$ cd msgpack-0.4.1
$ ./configure && make && sudo make install

kumofsインストール



# 前準備
$ sudo yum install -y openssl-devel rubygems # 必要だった
$ sudo gem install msgpack
# ここから
$ wget http://cloud.github.com/downloads/etolabo/kumofs/kumofs-0.3.1.tar.gz
$ tar xzvf kumofs-0.3.1.tar.gz
$ cd kumofs-0.3.1
$ ./configure && make && sudo make install


kumo-manager等に、もしlibmsgpack.soとかがリンクされていなかったら



$ sudo sh -c 'echo "/usr/local/lib" >> /etc/ld.so.conf.d/local.conf'
$ sudo ldconfig



するとうまく行くかも。

動作確認


$ kumo-manager -v -l localhost -p localhost

で何か動いた。virt-cloneして分散環境作ってみたい。