@making's memo

All Categories All Tags Premium (Beta)


Reactorで返り値がMono<Void>の処理の後、引数をそのまま返すときのショートカット

Edit History

メモ

こういうインターフェースがあるとする。

public interface FooService {
  Mono<Void> save(Foo foo);
}

次のような処理を書きたくなることがちょくちょく出てくる。

Mono<Foo> foo = request.bodyToMono(Foo.class);
Mono<Foo> saved = foo.flatMap(fooService::save).then(foo);

Mono<Void>が返り値な処理が終わってから、その引数をそのまま返したいみたいなとき、
わざわざthenで戻すのがダサい。
もっと言うとthenのときにfooが再度subscribeされてしまうため、正確には次のように書くほうが良い。

Mono<Foo> foo = request.bodyToMono(Foo.class).cache();
Mono<Foo> saved = foo.flatMap(fooService::save).then(foo);

イマイチなので、次のように書くとCool。

Mono<Foo> foo = request.bodyToMono(Foo.class);
Mono<Foo> saved = foo.delayUntil(fooService::save);

このエントリーをはてなブックマークに追加